ソフトバンク最低維持費(旧プラン)と注意点(2014/11)

kaikun

みなさんこんばんは醤油です(^^)

 

今日はソフトバンクの最低維持費(旧プラン)について解説していきたいと思います。

 

ソフトバンクは一番乞食に厳しく対策しており、ややこしいキャリアです(;^ω^)

 

auと違い、最安のプランはこれ!というものがなく、新料金プラン、旧プランと比べてどれが安く済むのか計算する必要があります。

 

理由として契約する機種の月々割、回線の契約状況によって多少変わってくるからです。

 

 

まず最初にお話しておかないといけないのが現在この記事を書いている11/26にソフトバンクから発表がありました。

 

当初、11月末で旧プランの受付は終了ということでしたがその話がなくなりました。

 

auに対抗してか暫定処置で継続という形ですね。おそらく料金プランの評判がよくないんでしょう(;^ω^)

 

 

 

 

最低維持費を解説するにあたって前回のauと違う点がいくつかあるのでそこから解説していきます。

 

ネット接続300円が外せない

 

auでいうLTEネットというやつですね。ソフトバンクでは「Sベーシックパック」という名前ですがこちらはauと違い外すことができません。

 

 

 

ホワイトプランだとパケット契約必須

 

auだとパケットを外すことができ基本料金の1000円程で維持することができましたがそれができません。。。

 

 

 

これだけでも乞食に厳しいのが伝わるかと思います(;^ω^)

 

 

 

これらを踏まえて旧プランの場合、結局最低維持費はいくらなのかと?

 

 

 

 

・ホワイトプラン+パケット2段階制+月々割

こちらが旧プランの維持の方法です。

ホワイトプラン 980円

パケット2段階制 2000円

から月月割を引きます。

 

 

 

パケット2段階制というのがわからない方の為に説明しておくと、旧プランにはパケットが2つのコースがあります。

1つ目がいわゆるパケ放題(パケットし放題フラットfor…)

2つ目が2段階制パケ放題(パケットし放題for…)

 

違いとしてフラットはいくら使っても同じ値段(正にフラット)

パケ放題は下限2000円〜6200円で使った分に応じて料金が変わる仕組みです。

 

乞食で維持の場合はできるだけ安く済ませたいので2段階制にすると思います。

 

その方が安く済みますからね(^^)

 

 

 

ただ1つ注意点があります!!

 

フラット→2段階制にパケットのプラン変更をした場合、月々割が減額になります!!

 

なので契約書に書いてある月々割がそのまま適用されるわけではありません。

また以前はフラットとスマ放題5Gで月々割は同じでしたが今月からフラットの方も減額になったようです・・・。


そこを踏まえた上で変更しましょう。

 

 

 

 

 

旧プランは割とシンプルですね。

次回はややこしい新料金プランについて解説していこうと思います。(・∀・)

 

 

 

質問などあればお気軽に\(^o^)/

直接メールは上のお問い合わせにお願いします(╹◡╹)

LINE@始めてみました♪

友達登録お願いします\(^o^)/

友だち追加数


稼ぎ続ける副業講座というメルマガを始めました! 無料なので是非登録してみてください。(^-^) こちら

コメントを残す

このページの先頭へ