マインド

脱サラしてよかったこと悪かったこと

こんにちは醤油です。

先日の記事でも書きましたが、9月1日より脱サラして、約4カ月が経とうとしています。

備忘録も兼ねて、感じた事をご紹介します。

よかったこと

 

家族との時間が増えた

サラリーマンだったころは拘束時間が長かったこともあり、基本的に朝出ていく前も、帰ってきたときも子供たちは寝ていることが多かったです。

休みの日は1日一緒だったりはしましたが、それでもやはり寂しかったですね。

脱サラしてからは基本的に送り出す立ち場になりましたw

 

いつでも休める

ついこの間の話ですが、子供の胃腸炎が移ったのか、胃が気持ち悪いのと頭痛もひどかった為、丸2日間ほとんど家を出ることなく、スターウォーズ全作ボーっと見なおしながらゴロゴロしていましたw

今は誰にとがめられることもないですが、サラリーマンのときは基本的に無理してでも会社にいかなければならなかったので、それを考えるとゾっとしました(-_-;)

 

収入が天井知らずなので夢’は’広がる

会社員の場合はある程度役職などによって収入が決まると思いますが、一人でやっている場合は、よくも悪くもそれがありません。

1億稼ぐ人もいれば1円も稼げない人もいます。夢だけは広がりますよねw

行動しなければ1円にもなりませんが・・・。

 

 

 

悪かった点

 

社会的信用がなくなる

これは完全になくなりますね。世間から見れば個人事業主と言っても何やってるかわからないニート同然です(;’∀’)もちろん気にする、気にしないの個人差はあるでしょうが世間の目は冷たいですw

 

固定給がない

雇われているわけではないので当然ですが、最初は不安でしたね~。

今はほとんで感じていませんが。

 

なまける・・・

何時に会社に行かなければ等がないため、基本的にすべて自分で計画を立て、自己管理をしなければなりません。

1日寝てても怒られない代わりに作業をしろ!とケツを叩いてくれる人もおらず、自ら進んでやるしかないのです・・・。

 

 

総評

当たり前ですが、自分は脱サラしたことにまったく後悔はなく、辞めてよかったと思っています。

やはり時間的な融通が利くのが大きく、悪かった点も対策が可能なんですよね。

社会的信用→法人設立、雇用などである程度面目が立つ。

固定給→一人で稼げる自信がつくと、恐怖はほぼなくなる。仕組みを作ればある程度安定する。

だらける→自己管理の方法を確立する。

などですね。

 

脱サラを考えている人は参考にしてみて下さい(^^)/

問い合わせ、相談は上のお問い合わせからどうぞ♪